読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュージカル ロミオ&ジュリエット

こんばんは。

 

 

 

本日は、

ミュージカル ロミオ&ジュリエット まちねを観劇して来ました!

 

 

 

ロミオ:古川雄大

ジュリエット:生田絵梨花

ベンヴォーリオ:矢崎広

マーキューシオ:小野賢章

ティボルト:渡辺大

死:宮尾俊太郎

 

 

この面々の回に行けて幸せでした。

 

 

 

席はいいぐらいの引きで、

全て見渡せる、けど表情がみえないほど、

遠かったわけでもないので、良い席でした。

 

 

 

ロミジュリって正直結末は知ってても、

なんでそういう事になったのかっていうきっかけを

あまり知らなかったので、今回行ってよかった。

 

すごい分かりやすかった。

 

 

現代風にしてあるからなお面白かったし。

 

 

 

周りの大人も悪いとは思うけど、

ロミオもジュリエットも幼すぎたなって思った。

もう少し大人だったら、冷静に考えたかな。

 

 

てかね一緒に観に行った友達と言ってたけど、

 

ロミオとジュリエットって16歳ぐらいの話でしょ。

「ロミオという名を捨てて私を選んで!」

なんてセリフ、自分が16の時に同じ状況になっても思いつかないよね。

 

なんかすごいなって思った。

 

 

 

 

賢章くんも歌上手かったし、ダンスもかっこよかったけど、

ぴろしと大ちゃんはずば抜けて歌唱力違った。上手すぎる。

 

ロミオ、ジュリエット役の

雄太くんも絵梨花ちゃんも歌上手くて!

 

 

そして、演出、あそこまでやるんですね。

 

ベッドからのシーンとか、キスのシーンとか、

うん、すごかった。雄太くんかっこよかったっす!!!!!!

 

 

 

とにかく、幼い男女に恋愛であり、大人な愛の物語でもありました。

 

 

マーキューシオが死ぬ時、結局ロミオかばって、さされて、

裏切り者と口では言っていても、

最後にはしっかりジュリエットを愛し抜けと言ったマーキューシオがかっこよすぎた。

 

もう片方のキャストの方も見たいと思いました。

 

歌が素敵すぎたので、どうかDVD出してください。

 

 

レポートは以上です。

 

ばいばーい。

 

しず。